炎症性色素沈着

恵比寿の医療脱毛・シミ取り美容外科 > 診療一覧 > 炎症性色素沈着

炎症性色素沈着

年令を問わず、にきび、化粧のかぶれ、やけど、虫刺されなど皮膚に炎症を起こした後にできるしみのことです。 炎症が強いほど、また炎症の期間が長いほど色素沈着の程度がひどくなります。
治療方法外用薬(ハイドロキノン・トレチノイン)・内服(ビタミンC等)
麻酔なし
ダウンタイムなし
メイク・洗顔・入力メイク:当日より可
洗顔:当日より可
入浴:当日より可

炎症性色素沈着治療の流れ

1.カウンセリング 専門の医師が症状を診断し、治療法を説明します。

2.施術・処方 それぞれの症状にあわせ、施術(レーザーピーリング・QスイッチYAGレーザー・イオン導入)または内服薬・外用薬を処方します。


WEB予約
炎症性色素沈着以外にもこんな診療があります
  • 雀卵班(そばかす)治療鼻を中心に分布している小さなしみを改善します
  • 肝斑治療ほほや鼻の下、額に左右対称にできる、少しぼやけたようなしみを改善します
  • 老人性色素斑長期間紫外線を浴び続ける事によって生じたシミを改善します
  • 太田母斑額、目の周り、額などにうまれつきある茶褐色から青色のアザを改善します
  • 摩擦黒皮症継続的に刺激を続けてできたシミを改善します
  • 花弁状色素斑強い日焼けの後にできることが多いシミを改善します
  • 入れ墨&タトゥー除去タトゥー&入れ墨のをレーザーで除去します
ワイエスクリニックのアクセス情報

【住所】東京都渋谷区恵比寿1-13-1 鈴木ビル2F
【アクセス】『恵比寿駅』(東口)徒歩5分
【診療時間】11時~20時
【休診日】火曜日

アクセスマップへ