医療レーザー脱毛は痛くない?効果とリスクについて

処理しても処理しても生えてくる毛に、ストレスを感じることはありませんか。 解決方法として人気なのが、クリニックでの医療レーザー脱毛です。 初めての脱毛にあたって、医療レーザーの気になる効果やリスクについてご紹介します。

本当に?レーザー脱毛が痛いと言われる理由

医療レーザー脱毛とは、医療従事者のみが使用できる専門器具を使い、永久脱毛をするという脱毛方法です。 レーザー光線は色素の黒い部分、すなわち毛の部分に反応し、熱によって毛根を破壊します。 この時毛根で発生する熱が、周囲に伝わることで痛みを感じる場合があるのです。 痛みは人によって様々で、チクリとしか感じない場合もあれば、ヒリヒリとした痛みが持続する場合もあります。 また施術を行う部位によっても痛みは異なり、毛が濃い部分や、顔・デリケートゾーンなどの肌が敏感な部分は特に痛みを感じやすい傾向にあります。 しかし施術時に冷却措置を行ったり、塗るタイプの麻酔薬を使用したりすることで、痛みは軽減できますからご安心ください。

何回できれいになるの?気になる効果について

毛の質や量により回数には差がありますが、一般的には5~9回程度の施術で脱毛ができます。 期間にすると、8カ月~1年半ほどです。 エステサロンの光脱毛で用いられる器具よりも脱毛効果の高いレーザーを使用するため、サロンの10~20回という数年単位での施術よりも短期間ですむことが特徴です。 忙しくて長期間脱毛に通えない人や、VIOラインなどのあまり他人に見せたくないデリケートゾーンを脱毛する人には、医療レーザー脱毛はおすすめの方法だと言えます。 また毛根にある毛母細胞という、毛を作るための細胞そのものを破壊してしまうため、施術後に毛が生えてくる可能性は低く、ほぼ永久脱毛が実現します。 ただし効果も毛の質や量により差があるため、回数はあくまでも目安としてとらえていただき、疑問があればカウンセリング時に担当者へ相談してください。

心配なリスク、お肌のトラブルについて

痛みの他に知っておきたいリスクとして、まず施術後のむくみや軽いやけどが挙げられます。 熱で毛根を破壊するため、敏感肌の人であればその影響が残り、数日間むくみや軽いやけどとなって残ることがあるのです。 またレーザー照射によって毛穴のバリア機能が減り、雑菌が入り込んで毛嚢炎という炎症を起こす場合もあります。 また永久脱毛効果が見込める医療レーザー脱毛ですが、逆に毛が増えたり、毛が固くなってしまったりという増毛化・硬毛化がまれにみられます。 このメカニズムはまだ解明されていません。 このように、レーザー脱毛にあたり、人によってはトラブルが生じる可能性があります。 不安であれば事前のカウンセリングの際に心ゆくまで確認してください。 事前にどれだけ相談できるかが納得のいく施術を受けられるポイントとなります。

痛みやリスクは脱毛サロンの脱毛もいっしょ

脱毛サロンで行う光脱毛でも、似たような痛みやリスクがあります。 そもそも光脱毛のメカニズムは、医療レーザー脱毛と同じく、レーザー光線によって毛を破壊するというものです。 ただし医療用器具に比べて弱いレーザーを使用している点が特徴であり、医療レーザー脱毛より回数・期間を要する代わりに痛みがやや少ないという違いが挙げられます。 しかし熱によって細胞を破壊するというメカニズムが同じである以上、強い痛みを感じる人もいれば、毛嚢炎や増毛化・硬毛化が生じる人もいるというリスクは変わりません。 さらにカミソリなどの自己処理においても肌トラブルはつきものであるため、無料カウンセリングなどで医療レーザー脱毛について相談しながら、実施するかどうか判断してみてくださいね。

WEB予約

他のコラム記事

恵比寿YSクリニックのアクセス情報

【住所】東京都渋谷区恵比寿1-13-1 鈴木ビル2F
【アクセス】『恵比寿駅』(東口)徒歩5分
【診療時間】11時~20時
【休診日】火曜日

アクセスマップへ