Oライン脱毛でデリケートゾーンのムダ毛処理

肛門周辺が対象であるOライン脱毛。 自分では見づらいためケアを怠りがちですが、エチケットや衛生などの面から、Oライン脱毛を希望する人が増えてきています。 気になるOライン脱毛について、クリニックでの施術の流れやポイントをご紹介します。

気になる男性の目!Oラインは毛がない方が良い?

水着や下着を着用するとき、特にTバックのショーツなどを履くときは、どうしてもOライン周辺が見えてしまいます。 そんなとき、毛がはみ出ていたら少し恥ずかしいですよね。 男性の目からも、彼女のOラインの毛があると気になるという意見が多数です。 Oライン脱毛をすれば、そんな男性の目を気にしなくてすむだけでなく、病院での診察や検査、皆で行く温泉などでも気恥ずかしい思いをしなくて良くなるというメリットがあります。 またオリモノや経血、排泄物の付着がなくなる、ショーツの中のムレやかぶれがなくなるなど、衛生的にもメリットがあるため、多くの女性からOライン脱毛が注目されています。

恥ずかしいけど大丈夫?クリニックでの施術について

Oラインはデリケートであり、かつ身体の後ろ側という手の届きづらい部分にあるため、自己処理には不安が伴います。 そこでおすすめなのが、専門医がいるクリニックでの施術です。 クリニックの脱毛では、レーザー照射により毛を作る細胞である毛母細胞そのものを破壊し、永久脱毛を実現しています。 Oラインの施術時には、うつ伏せに寝て、お尻の部分を広げて脱毛することになるため、恥ずかしさや不安を感じる人も多いのではないでしょうか。 しかし専門医は多くのOライン脱毛を経験しているため、慣れていると割り切ってみてください。 また脱毛前にはカウンセリングを行うため、不安があれば隠さず全て伝えるようにしましょう。 そうすることで恥ずかしさや不安を解消しOライン脱毛に臨め、脱毛によるメリットをしっかりと楽しむことができます。

どのくらいできれいになる?回数について

何度もデリケートゾーンを他人に見せることに、少し抵抗感があるのではないでしょうか。 レーザー脱毛の回数は、毛の質や量などにもよりますが、5〜6回程度で完了することが一般的です。 エステの場合は10〜20回程度施術することもあるため、クリニックでのレーザー脱毛の方が比較的回数が少なくてすむといえるでしょう。 施術は毛周期に応じて行うため、期間としては8カ月〜1年程度が一般的であり、これもエステでの施術に比べると短期間です。 もしなるべく早く、回数を少なく脱毛をしてしまいたいのならば、クリニックでの施術を選択肢に入れてみてください。 ただし、VラインやIラインも一緒に施術するのであれば、期間や回数はやや増えることがあるため、注意しましょう。

Oラインのレーザー脱毛って痛みはあるの?

レーザー脱毛で不安なことの1つが、痛みではないでしょうか。 Oラインは粘膜に近く、かつ色素沈着している部位でもあるため、足やワキなど他の部位に比べて痛みを感じやすい傾向があります。 またレーザー照射自体、やや痛みを伴う施術でもあります。 痛みの感じ方は人それぞれで、チクっとした痛みを感じる程度の人もいれば、ヒリヒリと痛みが続く人もいます。 もし耐えられない場合でも、塗るタイプの麻酔薬が用意されているため安心しましょう。 施術後に痛みが残る場合がありますが、大抵は1〜2日ほどで治まるため、不安に思わず数日様子を見てみてくださいね。 なお痛みを軽減するためには、施術の事前・事後のケアが大切です。 Oライン周辺を清潔にするよう心がけ、刺激の少ないショーツを選び、トイレットペーパーで強く拭かないように気をつけましょう。 クリームでしっかり保湿することも、肌のコンディションを保つためのポイントです。

WEB予約

他のコラム記事

恵比寿YSクリニックのアクセス情報

【住所】東京都渋谷区恵比寿1-13-1 鈴木ビル2F
【アクセス】『恵比寿駅』(東口)徒歩5分
【診療時間】11時~20時
【休診日】火曜日

アクセスマップへ