Vライン脱毛の範囲と形について

Vライン脱毛では、王道の逆三角形から個性的なハート型まで、さまざまなスタイルを楽しむ人が増えています。 理想の形を手に入れるために、カウンセリングで明確にイメージを伝えてくださいね。

そもそもVラインって?脱毛範囲について

腕の脇下脱毛とともに定番化してきたVライン脱毛ですが、具体的にはどの範囲を脱毛してもらえるのでしょうか。 一般的には、ショーツを履いた時に隠れるトライアングル型の境界線をVラインと呼びます。 そして、ショーツからはみ出た部分が脱毛範囲となります。 でも、どこまでをVラインとしてどの範囲まで脱毛できるかはクリニックやサロンによって異なります。 たとえば、ムダ毛が広範囲に生えている人や小さいショーツを履いている人は、ショーツの両脇だけでなく上部からもはみ出していることでしょう。 この部分は、「Vライン上」として別料金となるケースもあります。 一方、IラインとOラインを除くアンダーヘア全体をVラインと定義しているクリニックもあります。 自分はどの範囲まで脱毛したいか考えておいて、脱毛前のカウンセリングでしっかり確認してください。

どんな形が人気?王道の逆三角形

クリニックによってはアンダーヘアを希望の形に脱毛してくれる所もあります。 いろいろなバリエーションがあるので、どんな形にしようか迷いますね。 他の人はどんな形を選んでいるのでしょうか。 一番人気は、やっぱり王道の逆三角形です。 男性からの支持率も高く、日本人に最も違和感なく馴染みやすいスタイルと言えます。 幅広の三角形であれば、のちのち違う形にも変えやすいので、初心者にもおすすめですよ。 ムダ毛の量が多い人や広範囲に生えている人は、処理する範囲が少ない方が痛みの負担も少なくすみますね。 同じ三角形でも、小さめの三角形にすればかわいさがアップ。 小さくすればするほど、小悪魔的なかわいさになります。 ただ、その場合はIラインがしっかり生えたままだと目立ってしまうので、同時に施術すると良いでしょう。

次に人気の型小さな丸型や縦に細く

小さな丸型も人気のある形です。 柔らかくて女性らしい雰囲気になるため、男性からも受け入れられやすいスタイルです。 三角形より下着へのおさまり具合が良くなるので、ムダ毛の量が多くてお悩みの人にもおすすめですよ。 直線に比べて曲線というのは、自分では整えにくい形です。 丸型は、プロによる脱毛でこそ挑戦できるスタイルと言えますね。 海外でも人気のスタイルが、縦に細い長方形のIライン型です。 Iラインの横幅は、細くすればするほど大人っぽいセクシーさが増していきます。 難易度も高くなるので、初めてで心配な人は幅広から挑戦してみてはいかがでしょうか。 徐々に細くして最終的に指1本分まで細くすることも可能です。 ここまでくれば、どんなにセクシーな下着や水着もムダ毛がはみ出す心配もなく楽しめますね。

個性重視ハート型などのモチーフ型

「みんなと一緒じゃつまらない1」「せっかくだから冒険してみたい!」というあなたには、個性あふれるハート型モチーフがおすすめです。 ラブリーなハート型は、異性へのアピール度も抜群。 自分自身もテンションが上がりますよ。 初心者さんであれば基本の逆三角形に脱毛しておいて、ハートにしたい時だけ三角形の底辺部分をV字にカットするという手もあります。 ハート型は、逆三角形と同じくショーツからムダ毛がはみ出しやすいデザインと言えます。 気になる人は、小さめのハートをオーダーすると良いですね。 可愛さより攻めのスタンスで行くなら、ダイヤ型モチーフはいかがでしょうか。 自由で前向きに生きる女性にピッタリのデザインです。 Iラインの処理もしてスッキリと仕上げましょう。

WEB予約

他のコラム記事

ワイエスクリニックのアクセス情報

【住所】東京都渋谷区恵比寿1-13-1 鈴木ビル2F
【アクセス】『恵比寿駅』(東口)徒歩5分
【診療時間】11時~20時
【休診日】火曜日

アクセスマップへ